オナニーの再開

以前、幼稚園時代にオナニーを覚えたと書きました。
いわゆる床オナだったのですが、していたのは幼稚園から小学2年くらいまでで、
その後はしばらくやらなくなっていました。
しかし、5年生で再びパンチラに目覚めたのをきっかけにオナニーも再開しました。
やり方は前と同じ床オナです。しかし、以前とは違い大きな問題に直面しました。
射精です。
私の場合、精通はオナニー中ではなく、昼寝している時に夢精だったのですが、
それ以降は当然ながらオナニーでも射精するようになります。
そうなると精液の処理が問題となります。
そのまま射精したらパンツが汚れて親にバレます。
そこで私がとった手段は「射精直前にチンコの皮を手で押さえる」でした。
つまり皮部分を手で引っ張って握ることで精子を亀頭と皮の間に留めるのです。
そして握ったままトイレに行き、ペーパーで拭いて流して処理していました。
成長前のチンコだからできたことだと思いますが、これが仮性包茎の原因の1つではないかと思ってます…
良い子はマネしないほうがいいです。
でも当時はこれが最適だと考えていたので、このやり方は中学生まで続けていました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする