加藤西里奈ちゃんのパンチラ3

仕事が忙しく、だいぶ更新が空いてしまいました。
今回は加藤西里奈ちゃんのパンチラを紹介したいと思います。

以前、投稿写真97年2月号の特集記事を紹介しましたが、
同じ号の投稿ページにも西里奈ちゃんの写真がありました。

黄色のスカートから見える純白のパンツが眩しいです。
そしてフロントにワンポイントの柄が入っているのがわかります。
完全に見えてはいませんが、おそらくクマでしょう。
また、同時期の他の雑誌にも同じライブのものと思われる写真が載っていました。

  

これらを見ると、フロントとバック両方にクマのプリントが入っているのが分かります。
バックプリントのパンツは珍しくないですが、
フロントにも同じプリントが入っているパンツはめったにないと思います。
こんな珍しいパンツを履いているのは、
もちろん前後両方から見られるのを想定しているからだと思います。
ただ、ヒラヒラのミニスカートとはいえ、クマのプリントが見えるほどパンチラするには
かなり激しい動きが必要です。
普通の振り付けでもパンチラはするでしょうが、柄までは見えないでしょうし、
それだと無地のパンツと変わりありません。
ですが、ご覧の通り彼女の場合は柄まで丸見えです。
これは私の推測ですが、彼女はクマの柄が見えるくらいパンチラすることを
振り付けの基準にしていたのではないでしょうか。
とすると、このパンツは「前も後ろも思いきり見せてあげる!」
という彼女の意志の表れだったのかもしれません。
もちろん、ロリパンのほうがオタクが喜びそうだったからって理由もあると思いますが(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 西里奈好き より:

    このパンツ、途中からややハイレグっぽくなってますが、この当時のインゴムの方が好きです!