見学店について

見学店とはJK見学店のことで、マジックミラー越しにくつろいでいるJKの様子を見学するというコンセプトの店です。
が、もちろんそれは建前でしかなく、本当のコンセプトはマジックミラー越しにJKのパンチラを見ることです。
現在、パンチラを見ることをコンセプトにした店の中では主流のスタイルだと思います。
初期は本当に現役のJKのパンツが見れたのですが、摘発が相次ぎ、現在は現役JKはおらず、
興行場法の許可をとった店だけが営業しているようです。
さて、具体的にどんなシステムなのかを説明したいと思います。
まず、店内のレイアウトは中央に大きめの部屋があり、そこに女の子がいます。
その周りにいくつか個室があり、ここに客が入ります。
中央の部屋との境はマジックミラーになっており、個室からは中央の部屋が見れるようになっています。
中央の部屋はカーペットが敷かれ、女の子はくつろいでいる状態ですので、
このままでもパンチラが見れる可能性はありますが、確実ではありません。
そこで、基本的には女の子を指名することになります。
指名をすると女の子が個室の前に来ます。
ここからは女の子次第で、座ってパンツを見せてくれるだけの娘もいますが、
ほとんどの娘は何かしらパフォーマンスをしてくれます。
おそらく今残っている店ではほぼ全員がパフォーマンスをしてくれると思います。
パフォーマンスがどんなものかというと、スカートをめくってパンツを見せてくれるのはもちろん、
上もはだけてブラも見せてくれたり、おっぱいを寄せたりゆらしたり、お尻をマジックミラーに押し付けたり、
パンツを食い込ませたり、オナニーのようなこともしてくれたりします。
完全に脱がないだけでストリップみたいなものです。
このように女の子のエロいパフォーマンスを楽しめるのが見学店の魅力です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする